2007年02月22日

小学校受験と人生

小学校受験が終わって半月が経ちました。

子どもも何事もなかったように楽しく幼稚園に
通っています。

本当に振り返ってみると異常な世界かも知れませんね。ひらめき

しかし、何が異常かと言えば、子どもよりも
親の方が熱くなっているという現実です。あせあせ(飛び散る汗)

「どこそこの小学校に入学できた!」

子どもより親の方が喜んでいる話を聞きます。

まるでわが子をエルメスかグッチのような
有名ブランドに仕立てたような勢いです。

で次の視点は某有名私立中学です。

一年生から塾に通わせて、あそこの中学に
合格する。

何か、合格することが目的になっています。

あと、気づいたのは、親の職業をついでもらいたい。

だから、受験させた。

特に、医者、薬剤師、弁護士・・・

このあたりが多いですね。

親御さんがそんなこと言ってますからね。

もっともっと先を見据えて、子どもといろんな
話をして、人生の目標を決めていく、

そんな視点から、小学校受験や中学受験に
臨むのが本来の姿なのかな、と半月経ったいま
感じています。

これからは、実際に勉強した学習方法など
書いていきたいと思います。

ラベル:人生
posted by もうすぐ40歳 at 10:57| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

小学校受験と東京大学

小学校受験東京大学について
子供の試験が終わってゆっくりとした時間が流れています。

以前のように試験中心の話題から家族みんなで
楽しく愉快に会話ができるようになりました。

ちょっと立ち寄った書店で買った本が面白かったので
読んでみてください。

隣の子どもはどうやって東大に行ったのか

4歳から7歳に「彼ら」は何をしていたのか?

東大生1000名からのアンケートの結果から
わかったことがあるんですね。

これから小学校受験をされるお子さんやまた
中学受験をお考えのお子さんにとって
お父さん、お母さんはとても参考になります。

この本の中で、重要なのは6つの習慣だといって
います。

「食」
「家族とのコミュニケーション」
「生活習慣」
「実行する習慣」
「運動による刺激」
「創造的な遊び」

小学校受験される親御さんにとっては
参考になると思います。

ただし、テクニック論ではありません。

基本的な考え方、取り組み方なので
読んで頂いてこれからの参考にしていただければと思います。



ラベル:東大 東京大学
posted by もうすぐ40歳 at 08:13| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

小学校受験と母親

小学校受験母親について

試験が終わって一週間経ちました。


ようやく落ち着いてきました。

子どもも元気に幼稚園に行っています。

まあまあこれからまた家族楽しくやっていけるかな、と
思っています。

他のお子さんの状況も入ってきています。

まわりから「あの子は大丈夫!」と言われている子どもでさえ
残念な結果になっていたり、「えっ!あの子が・・・」という逆のパターンもあります。

いずれにしても、みんな子どもは頑張ったと思います。

受験されたお子さんのお母さん、父さんはその頑張りを
大いにほめてあげてください。

しかし、心配なこともでてきました。

早くも中学受験に向けて勉強をはじめているお子さんも
いるようです。

もう塾も行っています。

特に、受験で残念だったお母さんほど、その傾向は
強いです。

子どもが自発的というよりはお母さんが子どもに
させているようです。

なんかそこまでいくと、お母さんが身につける
ブランド品と同じような感覚で「自分の子どもは
こんなにすごいのよ」的な感覚です。


子どもは大人のおもちゃではないんですが・・・

そんな勢いでやっていたらいずれ、自我の芽生えた
お子さんをコントロールすることはできないので
子どもがつぶれるか、やらなくなるか、どちらかです。もうやだ〜(悲しい顔)

もちろん学習も大切ですが、小学校では小学校でしか
学べないこともたくさんあります。

是非、お子さんの将来もっと長〜い目でみてあげて欲しいと
思います。

小学校受験は終わっても、親の受験はまだまだ続いて
いますね。

中学受験はもう親の受験ではありません。

子どもの受験です。



ラベル: 母親
posted by もうすぐ40歳 at 11:41| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

小学校受験の悔しさ

昨日で我が家庭における小学校受験はすべて
終了しました。

子どもは本当に頑張ったと思います。

目指した国立小の試験は残念でした。

一次試験はパスしたんですが、抽選で×・・・

何とも言えませんね。もうやだ〜(悲しい顔)

何ともやるせない気持ちで、夫婦ともども
どことなく元気もなく。

1次合格して抽選で落ちたお子さんは
泣いていました。

悔しいですよね。

でもこの悔しさ、どこにもぶつけられないんですよね。ダッシュ(走り出すさま)どんっ(衝撃)

とにもかくにも一様、我が家の長い長〜い受験との戦いは
終わりました。

あと、残り少ない幼稚園での生活、楽しませて
あげたいのと今は、頑張ったわが子をたくさん
ほめてあげたいと思います。

これから国立小の受験をお考えのお父さん、お母さん
我が家のようにならないように、実力もつけて頂いて
「運」もつけてください。

ラベル:抽選 悔しい
posted by もうすぐ40歳 at 15:06| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。