2007年06月17日

小学校受験と保護者の質

昨晩、面白い番組がありましたね。

最近の保護者がどんなクレームを学校につけてくるのか。

見ていて本当に笑えるのもたくさんありました。

例えば、「全体写真で自分の子供が真ん中に写っていないとなぜ、うちの子は真ん中に写っていないのか」といって文句をつける親。

学校に携帯電話を持ってきていて学校にいる間は必要ないので預かっていると、その間の電話の料金を日割りで払えという親。

子供の教育もそうですが、親の教育の必要ですね。

挙句の果てには、東京の港区で顧問の弁護士までつけて相談業務を行うようになったそうです。

うちの公立の学校でも運動会の時に、運動会を見ながらバーベキューをする保護者いたり、聞くだけでも開いた口がふさがらないとは、このことを言うんですね。

皆さんの地域でのこのようなことがいっぱいあると思います。

コメント欄に色々と情報をお聞かせ下さい。
タグ:保護者
posted by もうすぐ40歳 at 12:26| Comment(0) | お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

小学校受験の目的

6月に入り、毎日暑い日が続いています。

子供は元気に学校に行っています。

電車にもなれてきたようで、改札から先は一人で行くようになりました。

これから小学校受験をお考えのお母さん、お父さんも本格的に志望校の絞込みを始めている頃ではないかなと思います。

小学校受験をする目的の中に公立の小学校は悪いからとか、いじめにあうからということを心配をされている方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、国立でも私立でも子供通しのケンカやイジメはありますよ。

いくら先生が見ていても、あるようです。

ですから、そのようなことのためにお受験をされるのであれば、もう少しお子様にとって色んなことを考えてあげるのもいいかも知れませんね。

聞くところによると、どこそこの小学校はイジメがひどくて、中学は別の中学に行くような小学校もあるようです。

一部掲示板でも掲載がありましたので、ご参考にして頂ければと思います。
posted by もうすぐ40歳 at 10:34| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。