2007年10月05日

受験本番における心得

小学校受験の本番に向けてラストスパートというお子さんも多いと思います。

一年前をちょっと思い出して書いてみました。そして、入学してから運動会や授業参観を見て、来ている保護者の方をみて感じたことをちょっと。わーい(嬉しい顔)



面接ですが、やはり大きな声できちんと受け答えができるということは大切ですね。


また、しっかりと先生の話を聞くことも必要ですね。


試験と試験の合間など、同じ幼稚園から受験したりするとどうも気がゆるんで子ども通しで遊んだり、ふざけたりすることもあるんですね。


そんな様子が先生の目に留まるとアウト!もうやだ〜(悲しい顔)


試験の間でも、静かにしておくことを言い聞かせておきましょう。


知らない子どもからちょっかいを掛けられても無視!るんるん


記念お受験をするお子さんもいます。


こんなお子さんにちょっかいをかけられて、同調してしまった結果
残念だったお子さんもいます。


先生以外の話は無視!無視!ダッシュ(走り出すさま)


運動会や授業参観に来ている保護者をみて感じたのは、同じような感じのお母さんが多かったですね。

そんな在校している保護者の方のチェックをしておくこともいいでしょう。


また、親子3者面接の場合には、お父さんの影響力が大です。


相手に熱意が伝わるように最低限の練習はしておきましょう。


決してお子さんの足を引っ張ることがないようにしてくださいね。


面接で自然な笑いがとれれば、OKですね。


頑張ってください。わーい(嬉しい顔)るんるん
ラベル:受験
posted by もうすぐ40歳 at 09:03| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。