2007年10月08日

合格発表と・・・

今月いっぱい、小学校の受験の合否が出てくるところだと思います。

うちの近所でも、小学校を受験されたお子さんが、本命ではありませんが、合格されてほっとされています。


あとは本命のみ・・・、しかし、一校合格しているので、気分的に楽だそうです。


逆に、スベリドメのつもりが、不合格で、あせっている親御さんもいるかと思います。


ひきこもごもな今月になるかと思います。


合格されたお子さんにつきましては「おめでとうございます」。


そして、そうではなかったお子さんにつきましては、何とも言いようがありません。


しかし、こんな言葉で言いきってしまってはいけないのですが、
「ご縁がなかった」ということですね。


受験をさせた親御さんの中で、よく聞く言葉、「なぜ合格したのか、わからない」です。


中学受験のように、明確な数字で結果がでているわけではありません。


ましてやその数値を公表しているところは皆無です。


ということは、小学校側の思い切り主観の入った内容で合否を決めているということだと思っています。


ですから、お子様の実力がなかったとか、そんなことではないのでしっかりと、お子様をがんばってきたことについてほめてあげましょう。


6年たてば中学、その3年後には高校、そしてその3年後にはまた大学と今の環境に甘んじることなく、しっかりと取り組んでいけば、立派なお子さんになると思います。


ラベル:合格発表
posted by もうすぐ40歳 at 15:20| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。