2007年10月22日

合格基準がわからない

いろんなところで小学校の受験結果が出てきていますね。


でも、中学受験や高校受験と違って偏差値が通用しないように思われます。


つまり、頭がよくても合格できるとは限らないということです。


もちろん、賢いことにこしたことはないですが・・


何が基準で合否を出しているのか?


学力も重視していますが、おそらく面接なども重視しているでしょうね。


学校によっては、試験の結果、同じような得点のお子さんがいた場合に面接結果をみるという表現の小学校もありました。


しかし、明らかに建前のような気がします。


もし、あなたが、小学校の校長先生だったとしてください。


どんなお子さんを取りますか?


頭がいいだけのお子さんを合格にしますか?


それだけではないですよね。


ちょっと試験の結果が悪くても、面接でこれは!と思うお子さんは合格させたくないですか?


私が経営者ならそうします。


つまり、頭がよくても、学校にとってトラブルメーカーになるようなお子さんや保護者も面接ではじいているのかも知れませんね。


本当によくわかりません。
ラベル:お受験
posted by もうすぐ40歳 at 16:14| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。