2007年12月03日

お受験勉強にもスランプが

これから小学校受験を目指すお父さん、お母さんにお伝えします。おそらくこれから小学校受験をするために幼児教室や家庭で勉強をはじめると思います。スタート当初はお子さんも面白がって色々と取り組まれます。

しかし、ある程度慣れてくると、同じところで間違えたり、以前正解していたのに、間違えたり・・・お母さんはイライラし始める頃でもあります。続ければ続けるほど、そんな傾向は出てきます。

何でも早く集中して正解を導き出していたのに、最近身が入らないのか、ミスも多くなってきた、という状況です。

これはお子さんがスランプに陥ったのかも知れません。

幼稚園児にスランプ?って思われるかも知れませんが、幼稚園児にもスランプはあるんですね。スランプは普段通りの実力が急に出せなくなったことによって陥るものですね。

よくプロ野球の選手などが使う表現です。

プロ野球選手は、スランプを脱出するために、ひたすら練習をしたり、また気分転換をしたりします。そうやって少しづつスランプを脱出していくんですね。
スランプに入るとプロ野球選手でも相当悩むそうです。


お子さんの場合、スランプ、すなわち、飽きてきたということなんですね。子どもは本来何でも楽しいことでないとやりませんよね。
思い浮かべてみてください。おそらく、自分にとって面白そうと思ったことは積極的に取り組んでハズです。逆にそうでないものはやりませんよね。


数の数え方、重さ比べ、図形、色々あると思いますが、一通り勉強して飽きがきているということも事実です。

スランプから脱出させるためにも、また違った手法でお子さんの興味のあるように勉強させてみるのもいいですね。


また、机の上だけでなく、遊びなどを通じて体験を通じて学ぶことも多いのでそんな経験もさせてあげてくださいね。
ラベル:スランプ
posted by もうすぐ40歳 at 10:00| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。