2007年10月23日

首都圏の小学校受験

首都圏における小学校の試験は10月末から11月が多いようですね。


おそらく、お母さん、お父さん、ピリピリムードが最高潮になっていると思います。


厳しい顔していると、お子さんにも伝わりますよ。


昨年を振り返っても、試験前は異様にピリピリしていたような気がします。


逆に子どものほうがのほほんとしていたりして・・・



なるべく、笑うようにしましょうね。


まわりの話は完全シャッターアウトしましょう。


他のお母さんはよからぬ噂を流すかも知れません。


しかし、無視してくださいね。


今は、寝入ったお子さんの耳元で、「○○ちゃん、○○小学校合格したね!おめでとう」とささやいてください。


過去形ですよ。


意外な効果がありますよ。


これが使えるのは、この幼少の時期なんです。


では、朝晩はすっかり寒くなりました。


最後まで気を抜かずに、しかしリラックスしてがんばってください。
タグ:首都圏
posted by もうすぐ40歳 at 08:41| お受験の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

合格基準がわからない

いろんなところで小学校の受験結果が出てきていますね。


でも、中学受験や高校受験と違って偏差値が通用しないように思われます。


つまり、頭がよくても合格できるとは限らないということです。


もちろん、賢いことにこしたことはないですが・・


何が基準で合否を出しているのか?


学力も重視していますが、おそらく面接なども重視しているでしょうね。


学校によっては、試験の結果、同じような得点のお子さんがいた場合に面接結果をみるという表現の小学校もありました。


しかし、明らかに建前のような気がします。


もし、あなたが、小学校の校長先生だったとしてください。


どんなお子さんを取りますか?


頭がいいだけのお子さんを合格にしますか?


それだけではないですよね。


ちょっと試験の結果が悪くても、面接でこれは!と思うお子さんは合格させたくないですか?


私が経営者ならそうします。


つまり、頭がよくても、学校にとってトラブルメーカーになるようなお子さんや保護者も面接ではじいているのかも知れませんね。


本当によくわかりません。
タグ:お受験
posted by もうすぐ40歳 at 16:14| お受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

関西学院小学校がスタート

小学校受験の中で、関西では今年、はじめて関西学院小学校の入学試験がありましたね。


初回とうこともあって倍率も高いものになりました。


なかなか難しい受験であったと聞いています。


関西では同志社小学校、立命館小学校と私立大学の附属という形で小学校が開設されていますね。


もうすぐ四天王寺小学校も開設されるということを聞いています。


小学校受験も人気の小学校に集中しますね。


これまででも、定員募集に対して人数が集まらない小学校があるので、そういった小学校はますます厳しくなりますね。


関西では、お受験といってもまだまだイメージ的には「・・・・」の部分が大きいです。


少子化がますます進むなかで、生き残りをかけた競争が激化しそうですね。
posted by もうすぐ40歳 at 16:55| お受験学校情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


関連するキーワードで検索!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。